アラプラス糖ダウン口コミを便利に使うためのツールサイト情報のまとめ

アラプラス糖ダウン口コミを便利に使うためのツール/サイト/情報のまとめ

TOP PAGE >

□サプリメントで悪玉コレステロールを下げる方法



サプリメントで悪玉コレステロールを下げる方法

どうしても運動不足になりがちの現代人にとって、悪玉コレステロールを下げる方法を模索するのもひと苦労という感も正直あります。

何しろ、多くの病気やその予防としてしばしば採用される、「おいしいものをたくさん食べて栄養をしっかり摂りなさい」という作戦が、こと「悪玉コレステロールを下げる方法」としてはまったくの逆効果になってしまう可能性が極めて高いわけですから、おいしくて栄養価が高いメニューや食材が豊富な現代において、コレステロールをコントロールするのはもはや至難の業とも言えるのです。


食事がダメなら運動すればよいではないかという人もいるかもしれませんが、忙しい現代人が運動でどうにかできるものでもないと言われてしまえば、まあ確かにそうかもしれません。

本来であれば運動に充てるべき時間も仕事やお酒の席などに割かれてしまうというのが実際のところですから、やはり何か別の手立てで悪玉コレステロールを下げる方法を編み出さなければならないと考えるのではないでしょうか。


そんな現代人の救世主となってくれるのが、「薬」と「サプリメント」です。

薬に関しては、健康診断などでLDLコレステロールの項目に不吉なチェックが入ってしまうと、会社から「病院に行ってください」というような注意喚起が及ぶことも珍しくないでしょう。

病院に行けば、悪玉コレステロールを下げる薬を処方してくれますので、ここでは「サプリメント」についてご紹介しましょう。


今の時代、サプリメントを摂取することで、悪玉コレステロールの値を下げることも十分可能です。

コレステロールをうまくコントロールできる物質がすでに研究されており、その物質を配合したサプリメントもすでにたくさん出回っています。


どんな物質かというと、最も代表的なのが、「DHA」と「EPA」です。

これらはそれぞれ「ドコサヘキサエン酸」、「エイコサペンタエン酸」という名前がありますが、多くは「DHA」、「EPA」の名称で呼びます。


これらの物質は、青魚やその他の魚介類、そして海藻類などから抽出される成分で、他の有効成分も配合したサプリメントは、LDLコレステロールのコントロールには有効に作用することが多いです。


最近では、病院でサプリメントを出してもらうことができる場合もありますので、それだけLDLコレステロール対策の必需品としての市民権を得ているといえるのではないでしょうか。


ドラッグストアや通販などでもLDLコレステロール対策のサプリメントは入手できます。


コレステロール 高い 病気

□悪玉コレステロールを下げる方法なら



悪玉コレステロールを下げる方法について

日本において生活習慣病は国民病とも言われています。

その中でも悪玉コレステロールが高いという人は多いのではないでしょうか。

コレステロール自体はホルモンや細胞膜の材料として人体に必要な物質ですが、現在の日本人の食事は欧米化しており、多くとりすぎる傾向にあるのです。

その結果として動脈硬化を引き起こし、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの命にかかわる病気につながってしまいます。

では悪玉コレステロールを下げる方法はあるのでしょうか。


悪玉コレステロールを下げる方法にはいくつかあります。

一つ目はコレステロールを多く含む食品を控えることです。

コレステロールは細胞を作るために必要な栄養素です。

それは他の動物においても同じことなため、卵には多くコレステロールが含まれます。

鶏だけでなく、キャビアや子持ちのししゃも、たらこなどの魚の卵にも多く含まれています。

また肝臓にも多く含まれており、鶏や豚、牛、アンコウなどの肝、フォアグラなどにも多く含まれます。

この他にはうなぎや牛乳、牛乳が材料になっているチーズやバター、生クリームなどにも多く含まれています。

これらの食品の摂取量を減らすことがコレステロール値を下げるために必要なこととなります。


もう一つの方法は悪玉コレステロールを下げる効果がある食品を多く取ることです。

有名なのは善玉コレステロールを含む食品です。

善玉コレステロールは血管内壁にへばりついているコレステロールを引き抜いて、肝臓まで運ぶ役割を果たしています。

多く摂取することで血液中のコレステロールを減らすことが出来ます。

まずおさえておきたい食品としては青魚に含まれるDHAとEPAです。

メディアでも取り上げられることが多いため、知っている人も多いのではないでしょうか。

サンマやイワシ、アジ、マグロ、ブリなどの背中が青い魚に多く含まれている栄養素であり、体内では合成されないため食事からとるしかありません。

DHAやEPAには悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあるとともに、肝臓での中性脂肪の合成を抑える役割を果たします。

さらに血液をさらさらした状態に保つ効果も期待できます。

厚生労働省が発表している推奨される1日の摂取量は1000mg以上です。

そのため、意識して魚を取るようにしないとなかなかこれだけの量は食べることが出来ないでしょう。

難しい場合にはサプリメントが売られているので利用すると便利です。


糖尿病 サプリ

□健康診断でコレステロールが高い人の生活習慣の改善



健康診断でコレステロールが高い人の生活習慣の改善

会社や自治体の定期的な健康診断では血液検査が実施されますが、その一部として含まれているのが脂質検査です。

血液中に含まれる脂質、すなわち脂肪分としては、コレステロールや中性脂肪が主なものとして挙げられます。

これらは人体の細胞膜をつくるはたらきをするなど、一定量は人体にとって必ず必要とされているものですが、多すぎると病気の原因になるため、この検査によってチェックされます。


検査の結果として、総コレステロール値が高いとされた場合については、脂質異常症の疑いがあり、そのままにしておくと心臓病や脳梗塞などの生活習慣病を引き起こすもとになりますので、対策が必要となってきます。


ただし、コレステロールのなかには、血管の内壁にこびりついて動脈硬化をもたらす悪玉のLDLと、血液中の余分なコレステロールを肝臓に運ぶ善玉のHDLの2つのタイプがありますので、総量が多かったとしても、内訳としてHDLのほうが優勢であれば、特に問題が生じない場合もあります。


このように健康診断でコレステロール値が高いと指摘された場合の対策ですが、まずは基本的な生活習慣を改善するということが不可欠になり、通常は健康診断の結果を受けた医師の診察などでもくわしく指導がなされます。


脂質異常症の原因としては、従来から食べ過ぎ・飲み過ぎ、運動不足やストレス、喫煙などが主なものとされており、要するにこうした体にとって不適切な生活習慣を取り除いて、体によい生活習慣を意図的に身につけるようにすればよいということになります。


食事については、動物性脂肪の多い肉を中心としたメニューはなるべく避けて、青魚、野菜、果物などをふんだんに摂り入れるようにし、栄養の偏りなく三食バランスよく食べるということが大切になります。


また、運動不足にならないよう、ウォーキングなどで日頃から適度な運動に心がけるということも重要です。

脂質異常症が進行しているケースでは、医師がどの程度の負荷がかかる運動が病状改善に適当かという、運動の内容や時間などを記載したメニューを処方してくれる場合もあります。


さらに、喫煙には悪玉を増やし、善玉を減らすほか、血圧を過度に上昇させるといった効果があるため、ただちに禁煙をすることも求められます。

禁煙を本人の意志だけで行うのが難しいという場合には、ニコチン切れの症状を軽くし、禁煙をしやすくする禁煙治療薬のような医薬品もあるため、医師に処方してもらうという手もあります。


アラプラス 糖ダウン 口コミ

□メニュー





□メニュー


Copyright (C) 2014 アラプラス糖ダウン口コミを便利に使うためのツールサイト情報のまとめ All Rights Reserved.
top